『小説保管庫』について


カービィ小説MLの参加者の皆様、非参加者でもカービィ小説が大好きな皆様。
こんにちは、カービィ小説ML管理人のハガネカービィ(略してハガカ)です。
今回新たに公開しました『小説保管庫』について、ご説明します。


『小説保管庫』とは。

一言で言ってしまえば、
進化して便利になった『今までに投稿された小説』です。

カービィ小説ML運営委員会にはこれまで、
『今までに投稿された小説』というコーナーがありました。
このコーナーは、カービィ小説MLに投稿された小説を、
管理人ハガカがHTML化し、色んな人が気軽に読めるようにする、
と言うコーナーでした。

しかし、このコーナーには、いくつかの欠点がありました。
掲載までにラグが生じるので、感想などが貰いにくいこと。
データとしては筆者の手を放れてしまうため、微修正等が難しいこと。
参加者が増えるほどハガカの作業量が増えて掲載が遅れてしまうこと。
等々です。

何年かはそれでもこのシステムで継続し、
投稿者の皆さんがアップロードした小説ファイルにハガカがリンクする
『自己管理』を推奨するなどしてきましたが、
どうしても、折角の小説の魅力が生かし切れない状態でした。


そこで!

多くの方に手伝って頂き、新しい小説公開システムを制作しました。
それが、『小説保管庫』です。

小説保管庫はMLに投稿した小説を簡単にWeb公開できるシステムで、
小説をMLに投稿後、ついでに数クリックするだけで、即、
小説を運営委員会でも公開、すぐ読んで貰うことができます!


…と言われても、イマイチピンとこないのではないかと思います。
『即公開』を体感するのは、もう少しだけお待ち下さい。

今は仕組みができあがって、動作テストをしながら、
古い投稿小説を片っ端から登録しています。
(最終的に皆さんが自分で操作して公開できるようになるのですが、
 今はテストも兼ねているので、ハガカが登録しています)

このテキストを書いている時点で、
MLの投稿番号で0001番から1000番までを登録し終わりました。
『今までに投稿された小説』に載せていた全ての小説+αの小説を
自由に読むことができる状態
になっています。

この登録作業が2000番まで終わったら、
小説保管庫の使用登録を本格的に受け付けて、
皆さんがどんどん公開できるようにする予定です。
(1日10通分ぐらい登録していくので、夏頃になるでしょうか)


ひとまず今は、どんどん公開されていく小説の中で
興味のある物を楽しみながら、
もしバグなどがあったら質問/連絡掲示板
小説保管庫の一番下の『ContactUs』から通報して頂けたらと思います。

宜しくお願い致します!


最後に、『小説の自己管理』について。

小説保管庫でも『今までに投稿された小説』と同様に、
投稿者の皆さんがHTMLファイルを自分でアップロードし、
そこにリンクを貼る形で小説を公開する設定が可能です。
(小説保管庫で『(別窓)』と書かれているリンクがそれです)

これについてはすぐにでも増やせるので、
もし『小説を自己管理』しているけど小説保管庫からリンクされていない、
あるいは新しく『小説の自己管理』の準備が整った、と言う方は、
質問/連絡掲示板に専用の記事を用意しますので、
是非ハガカにお伝え下さい。


では、小説保管庫、是非ご利用下さい!


→小説保管庫へ


2009/4/27 管理人 ハガネカービィ 拝


戻る