大乱闘スマッシュブラザーズDX
カービィ系フィギュア説明文
制作者:ハガネカービィ

追加情報や誤字脱字などの指摘があればハガネカービィまでメールでお知らせ下さい。

漢字変換や改行なども一応同じになっています。



カービィ(公式フィギュア)
遠く平和な星のひと。
一晩でプププランドの
たべものというたべものを
うばっていった
デデデ大王を倒し、
以後プププランドの住人に。
敵の能力をコピーして、
そのチカラを自分のものに
することができる。
それゆえ、きわめて芸達者。
身長は約20cmである。
星のカービィ(GB)
星のカービィ64(N64)
下の欄のゲームタイトルも、スマブラDXで書かれている物(基本的に二つ)です。

カービィ(SMASH1フィギュア)
スマブラDX内のみの設定(必殺技紹介など)なので省略。

カービィ(SMASH2フィギュア)
上に同じく。

マキシムトマト
食べると蓄積ダメージを
50%分回復するアイテム。
回復中も、純粋にその時の
体力でふっとぶので、
マキシムトマトを食べても
回復しきるまではご用心。
「星のカービィ」シリーズでは
カービィの好物アイテムで、
失った体力を回復する
ことができた。
ひそかにシリーズ皆勤賞。
星のカービィ(GB)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
知っての通りカービィの好物。2Pプレイ時も、行動次第で一つで二人回復可。

ワープスター
これをひろうと、
猛烈ないきおいで上昇し、
急降下体当たり攻撃する。
コントローラを操作すると
着地ポイントを左右にずらす
ことができるので、逃げる
相手に狙いをつけよう。
「星のカービィ」では、
ふだんそんなに素早くない
カービィの強力なのりもの。
ステージ移動に使われる。
星のカービィ(GB)
星のカービィ2(GB)
スマブラDXではシールド貫通。原作では壁をぶち抜くので、何となく納得。

スターロッド
横への攻撃で、星型弾を
発射できる打撃武器。
星型弾の弾数は16発。
たたきと弾のダブルで強力。
「星のカービィ」では、
”夢の泉”のパワーの源で、
プププランドの秘宝。
デデデ大王は、
夢魔”ナイトメア”を封じる
ため、自ら悪者を演じて
スターロッドを奪った。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
デデデ大王は不器用ながらも、一応王様らしいこともしていた、という例。
スーパーデラックスに出ていたということが納得できない方は、下の方の「夢の泉」を見るべし(何)。

パラソル
打撃武器としては
わりと平凡な攻撃力だが、
パラソルを持っていれば、
もしふっとばされても
ふわりふわりと優雅に
落下できるため、
復帰成功率がグンと増す。
投げ捨てることで
浮遊機雷的にも使える。
このアイテムは、カービィの
コピーの1つである。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
浮遊機雷的に使えるっていうのも、スーパーデラックスの能力アイテムから来てるんでしょうね(あれに攻撃力はありませんが)。

カービィコピーセット1
スマブラDX内のみの設定なので省略。

カービィコピーセット2
スマブラDX内のみの設定なので省略。

カービィコピーセット3
スマブラDX内のみの設定なので省略。

カービィコピーセット4
スマブラDX内のみの設定なので省略。

カービィコピーセット5
スマブラDX内のみの設定なので省略。

ウィスピーウッズ
「星のカービィ」のボスキャラ。
ほとんど通過儀礼的に
ステージ1に登場するが、
基本的には歩行もできず、
攻撃もあまり激しくない。
カービィの基本、「すって」
「はきだして攻撃」を
覚えるのに最適なバランス。
口から空気をはくほか、
木をゆするとりんごを
落としてきたりする。
星のカービィ(GB)
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
最も基本のように見えて、深く考え出すと凄く実態がつかめなかったり。
2で付けてたマスクと眼鏡の意味、教えて下さい!(何)・・・変装?花粉症?(爆)
まぁ、その辺を考えるのが小説書きの仕事でもあるわけですが(何)。

夢の泉
プププランドにある、
夢がわきでる場所。
スターロッドの力を借りて
夢を水のようにあふれさせ、
流れ出させる。
やがて夢がしずくとなり、
霧となって世界に広がり、
おだやかな眠りを約束する。
ポップスター近辺の星々にも
同じような施設があることが
確認されている。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
実はこんなに深い設定があるわけで。ハガカはそういうのは大切だと思います(何)。
近辺の星々というのは、「銀河に願いを」の星々の事でしょうね。

ファイアカービィ
炎を使う敵をのみこみ、
ファイアコピーを得た姿。
炎をクチからはくだけでは
なく、全身を炎につつんで
体当たり攻撃をする
”バーニング”などの
応用ワザがある。
真っ赤な帽子は、敵キャラ
”バーニンレオ”のもので、
投げると姿を元にもどし、
頼もしいヘルパーになる。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
一応書いておきますが、これ以下の物はスマブラDXのゲーム本編には出てきません。フィギュアのみです。
”バーニング”はカービィのダッシュ攻撃で見れますが。

ファイターカービィ
はちまきをしめ、
格闘家きどりのカービィ。
肉弾戦が得意な敵を
のみこむことによって、
ファイターコピーを使う
ことができるようになった。
強弱の攻撃を使いわけ、
多彩な手ワザ、足ワザで
敵を圧倒する。
”バルカンジャブ”などは
このコピー能力が出典。
星のカービィスーパーデラックス(SFC)

文中にもあるように”バルカンジャブ”をはじめ、いくつかの基本的な攻撃の出典。
スーパーデラックスでもスマブラでも足ワザの方が強いのは・・・・恐らく体型のせい(何)。

ボールカービィ
ボール型の敵をのみこみ
ボール能力が使えるように
なったカービィ。
壁や床でバウンドできる。
使いにくいが攻撃力が高い。
「夢の泉の物語(FC)」に
登場後、カービィを
ボールに見立てた
いくつかのゲームに登場。
「カービィのピンボール」
「カービィボウル」など。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
カービィボウル(SFC)
役立たずと思ってる人もいるかと思いますが、それなりに強いんですよ?(何)
ちなみに「カービィボウル」だけは「ボール」じゃなくて「ボウル」なので注意!(さらに何)

ワドルディ
プププランドに多く生息。
デデデ大王の手下と
いうことになっているが、
当人はそんな風には
ぜんぜん思っておらず、
気楽にくらしている。
基本的にかよわく、
人畜無害で罪はない。
攻撃力も防御力もないが、
たまにはパラソルを持って
がんばることもある。
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
星のカービィ64(N64)
何故かメタナイツにいるワドルディ。それと関係あるのかないのか、結構な人気者。
カービィ64では、乗り移られたワドルディの攻撃を受けてあげると仕草が可愛い(謎)。

デデデ大王
自称プププランドの王。
大王とは言ったものの、
実際に行政などを
おこなってはおらず、
住民はみな勝手きままに
くらしている。
カービィのように空気を
吸って飛ぶことができるが、
これはカービィにやぶれた
デデデが、猛特訓の末に
会得したものである。
星のカービィ(GB)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
今明かさせるデデデの努力!フィギュアの説明文を資料にしようと考えた要因の一つ!
個人的には今書いてる小説のネタに見事にマッチしているのも嬉しい(謎)。

リック
カービィのしもべ。
外見はハムスターに近いが、
カービィよりもふたまわりは
大きい。
カービィを背中にのせる
ことにより、コピー能力を
使うこともできる。
ただ、カービィを投げたり
道具として使ったりと、
コピーというよりは
マネごとに近いこともある。
星のカービィ2(GB)
星のカービィ3(SFC)
友達キャラから唯一の登場。マネごとコピーの他にも三角蹴りが出来たり、見ていて楽しいキャラ。
道具にされたカービィがダメージを受けないのは、信頼の厚さゆえだろうか?でも、一行目がさりげなくヒドイ(爆)。

グーイ
カービィの吸いこみに対し、
舌で敵をまきとって
相手をとらえ、コピーする。
「カービィ2」では
スカ扱いで、ふくろの中に
たまに入っているぐらいの
登場しかなかったが、
「カービィ3」では
パートナーとして登場。
2プレイヤーとして
操作することができる。
星のカービィ2(GB)
星のカービィ3(SFC)
2では全く謎の存在で、3で初めて明らかになったことが多い。ダークマターの一族であるということは結構有名な事実。
最終決戦ではダークマターと同じ鱗のような物を出し、その面影を覗かせる。

メタナイト
メタナイト軍団のヘッド。
組織的で、剣のウデが立つ。
カービィに剣を渡して
一騎打ちを要求するなど、
プププランドにはめずらしい
騎士道精神の持ち主。
背中のマントは
戦闘時には脱ぎ去るが、
羽根に変形することも可能。
カービィとの関係は、
ナゾにつつまれている。
星のカービィ夢の泉の物語(FC)
星のカービィスーパーデラックス(SFC)
もしかしなくても、カービィ以外のカービィキャラでもっとも人気があるのはこの人。
そして、もしかしなくても、この資料を作ろうと思った一番のきっかけはこの文章。
あの翼がマントだったとは、今まで誰が考えたであろうか。
なお、カービィとそっくりな素顔のナゾは、初登場から数年が経った今でも議論の的となっている。



どうしても画像が見たい方は公式サイトであるこちらでお探し下さい。


戻る